2016-17 AJOCC ルールについて


さて、中国での UCI レースに日本人選手も出発したりと、2016-17 シーズンの足音も聞こえてきました。そろそろ自転車(と脚)の準備ですヨ。

シーズン前に AJOCC のルールが変更された箇所を確認しておきましょう!プラス考察。元ネタは http://www.cyclocross.jp/about/ajocc.html#rule より。

JCX 同一周回での完走ボーナスを 20pt → 10pt

C1, CL1 のほぼナショナルランキングである JCX シリーズのポイントについての変更です。AJOCC 側からは「昨シーズンの結果から、順位による配点に対する割合が大きすぎたと判断したため。」と理由が説明されています。

2opt ってどのくらい?ポイントテーブルを見ると、一般レースでの40位に相当することがわかります。

例で考えてみましょう。Aさんがある JCXレースで、ラップされたけど38位で 22pt を獲得しました。次に他のレースでBさんが60位、先頭選手と同一周回ゴールでした。Bさんの獲得ポイントは5pt+ボーナス20pt。

Aさん22pt、Bさん25pt。ランキング的にはBさんが上になりますが、順位で見るとAさんの方が確実に強そうです。ボーナスが10pt ならばBさんのポイントは15ptになり、ボーナスの影響は少なそうな感じです。

順位をとってなんぼやで!な方向への変更、ですかね。

昇格の基準となる人数は完走人数 → 出走人数

このルールについては過去には地域ごとで認識が異なっていたようで、出走人数基準で昇格者が決まったりということもあったような気がします。今回のアナウンスで改めて出走人数が基準人数となります。

例えば C2 のレースで、10人出走 → 9人完走とします。基準人数は10なので、1名が昇格。2015-16 シーズン以前ならば基準人数は9となるので昇格者無し、となるわけです。

レース全体として見ると、昇格基準の数が増えるので昇格者も増えるかもしれません。効果は限定的だと思いますが。

選手にとってはスタートに並んだ時点で「何位でゴールすれば良いのか」という目標が立てやすくなりますね。完走人数基準だとレースが終わるまでわからないので、努力が水の泡、ということもなくなるでしょう。

C1, CM1 への昇格人数は1名のみ

これが本日の本題。

2015-16 以前の基準(*1)では C2 レースからの C1 への昇格は

  • 出走人数10人以上 → 昇格1人
  • 出走人数20人以上 → 昇格2人
  • 出走人数50人以上→昇格3人

CM2 もしくは CM2+3 レースからの CM1 への昇格は

  • 出走人数10人以上 → 昇格1人
  • 出走人数50人以上→昇格2人

となっていました。

ひどい時には C1 へ3名昇格、ということもありえたようです。しかし、実は C1 に所属する人数というのは極度に肥大化しています。人数の推移は以下のとおり(*2)。

15-16 シーズン開始時: 225人
15-16シーズン終了時: 319人(残留処理前)
16-17 シーズン開始時: 253人

12月の全日本の時に300人近い人数が C1 に居たってことで、これはちょっとトップカテゴリーとしてはさすがに人数が多すぎる。全日本では JCX ポイントでの参加制限が課されるようですが、その他の一般レースで100人超えのエントリーがあったらテンヤワンヤ確実です。トップカテゴリーとしてあるまじきアルマジロ。

また、C2 の16-17開始時人数は261人で、C1 より少ないという力のピラミッド的にはちょっとマズイ状況です。なので、C1 の人数を絞るためにも人数ピラミッドを適正化するためにも、C1 への昇格を制限しましょう、となるのは自然な流れといえます。

ちなみに残留条件については変更はありませんが、16-17の状況しだいでは厳しくなるかも?

選手から見ると、C1 はさらに狭き門になってしまいましたが、その分トップカテゴリーのありがたみというか重みは増したでしょう。C2 もかなり熾烈なレースが行われているとも聞きます。そこで勝った奴が1番偉いというのはわかりやすいし、トップカテゴリーへの切符を与えるには正しい基準だろうと思います。

CM1 への昇格については同上。ただし CM1 を単独カテゴリーレースとして開催しているのはほぼ関西シリーズのみで、それ以外の地域の選手ではあまり意識することは無いかもしれませんね。

以上、2016-17 シーズンのルールについてでした!Category2 の選手は頑張りましょう!

*1: 実際には基準人数は完走人数だったが、16-17 に準拠して書いた。

*2: カテゴリーごとの人数については手元計算なので誤差ありです。

スポンサーリンク